2024年7月2日(火)店名変更・場所移転(茨城町)にて再開いたします

産後に骨盤矯正は必要?必要ない?どっちなんだい!問題にズバリお答えします。

こんにちは!茨城県那珂市で鍼灸院をやっています海老澤由子と申します。

今回は、産前~産後の骨盤の状態と骨盤矯正の基礎知識、産後骨盤矯正はこんな人におすすめだよって話をしようと思います。

それでは、いってみましょー!

結論

最初に結論を言います。

産後の骨盤矯正は絶対に必要なものではありません。

やらないと骨盤が開いたままになるなんてこともありませんし、やらなかったからその後の日常生活に支障が出ることもありません。

でも、産後骨盤矯正しないと骨盤が開いたままになっちゃうって話聞いたことあるんだけど?!

んなこたぁないです。

産後の骨盤矯正なんて昔はなかったですし、産後何もしなくても無理をしなければちゃんと元に戻ります。

産後、お尻が大きくなったけど、これって骨盤が開いたままだからじゃないの?

残念ながら、それは骨盤のせいではないです。

妊娠中の姿勢の変化や運動不足によりお尻の筋肉が落ちたのと、妊娠中はホルモンの関係で脂肪がつきやすかったせいです。

そもそも骨盤開いたままだったら不安定で立つことも、歩くこともできないので日常生活ができません。

放っておいても骨盤はだんだんと妊娠前の状態に戻っていきます。

なので、産後の骨盤矯正をやるかやらないかはあなた次第なのです。

産前~産後の骨盤の状態

ここで、基礎的な骨盤のつくりと産前~産後にかけての骨盤と骨盤をつなげている靭帯の話を説明します。

骨盤は1つの骨ではなく、『仙骨』『腸骨』『坐骨』『恥骨』の4つで構成されています。

『腸骨』と『坐骨』『恥骨』は骨がつながっていますが、真ん中にある『仙骨』と左右の『腸骨』(仙腸関節)、左の『恥骨』と右の『恥骨』は靭帯でつながって(恥骨結合)立体的な骨盤を形成しています。

妊娠の経験がある方は、一度は『リラキシン』というホルモンを聞いたことがあるのではないでしょうか?

リラキシンは産前から産後にかけて骨盤の靭帯に働きかけて、少しずつ骨盤の関節を緩めます。

それによって骨盤が開くため、赤ちゃんが苦しくなく成長できます。

ただ、産前はそこまで大量に分泌はされていないので、通常に比べて多少骨盤が緩めになる程度です。

そのため、無理に重いものを持ったりしない限りは基本的に日常生活に支障は出ません。

腹圧がかかるのもそうなんですが、こんな理由からも妊娠中に重いものを持つな!と言われるんですね。

そして分娩時、リラキシンはたくさん放出され、その時は骨盤を支えている靭帯が大きくゆるむので骨盤がガバっと広がります。そうしないと赤ちゃんが産道を通れないからです。

その後、分娩が終わるとリラキシンの分泌は低下し、しばらくすると緩んだ靭帯が元に戻り、硬くなりはじめ、開いていた骨盤も少しずつ安定していきます。

正常分娩の場合、分娩後2~3時間は分娩台で安静を指示されるのは、出産時リラキシンの影響によって大きく緩んだ靭帯が安定するまで骨盤に負荷をかけないようにするためです。

この時に無理に動くと大きくズレる可能性はありますが、通常2~3時間経てば靭帯が安定してくるので、その後骨盤が大きくズレることはありません。

骨盤が安定していないと歩くことはおろか、立つこともままならないので、歩いて病室まで行けるということは、骨盤がもうある程度安定しているということになります。

ただ、この頃もまだ完全に産前に戻っているわけではく、出産時に大きく骨盤が開いたことと、引き続き多少のリラキシンの分泌が起こっているので、まだ骨盤は若干不安定です。

産前の状態に戻るにはだいたい3週間~1か月程度かかります。

床上げまでは重いものを持ったりせず、なるべく寝て過ごしましょう。というのは、骨盤に負担をかけないために大切なことなので昔から言われているのです。

そして、産後大きな負荷をかけたりしなければ何もしなくても骨盤は自然に元に戻ります。

妊娠時の腰痛は骨盤が緩んだせい?

妊娠時に腰痛になるのは骨盤が緩んだせいと言うより、運動不足や体重増加による身体への負担増、お腹が大きくなることで反り腰になり、腰の負担が増えたことの可能性が高いです。

骨盤矯正の基礎知識

骨盤矯正と聞くと、骨盤を動かして正しい位置に戻すといったイメージをされる方が多いかもしれません。

ですが、骨盤の関節は、普段は体重が乗っても動かず、解剖学的にも不動関節(動かない関節)と言われていたくらいガッチガチのびくともしない関節なので、人の力を多少加えた程度ではほとんど動かせない関節です。

なので、骨盤矯正は骨盤のズレを治すのではなく、関節の動きをつけたり、バランスを整えて身体の負担を減らし、身体を動かしやすくすることを目的とした施術であると覚えていていただけると嬉しいです。

骨盤矯正で期待できる効果

骨盤矯正をすると、姿勢が変わり、関節の動きもスムーズになるため身体が動かしやすくなります。

それにより、代謝アップ血流アップむくみ解消疲れが溜まりにくくなる疲れにくくなるリフレッシュするなどの効果が期待できます。

代謝が上がると痩せやすくもなりますし、むくみが解消されると見た目にもシュっとします。

(ただし、一度大きく太った人が痩せると皮が余る現象と同じで、妊娠時に一度大きく伸びたお腹の皮は戻らないので、骨盤矯正に限らずお腹の皮のたるみは多少残ります。)

妊娠中に運動不足だったり柔軟性が低下してしまった人は、骨盤矯正をすることで関節の動きがスムーズになり、身体が動くようになるのでむくみが解消されて、身体が軽く感じる、疲労がとれやすくなるといった効果も期待できます。

それでなくても産後は睡眠は削られ、体力もメンタルも削られ…疲労が溜まりやすい状態なので、骨盤矯正することで心身がスッキリしますよ。

産後の骨盤矯正はこんな人におすすめ

  1. 妊娠中に反り腰になって、そのまま癖になってしまった人
  2. 妊娠中の姿勢の変化や運動不足などにより、身体が硬くなってしまった人
  3. 産後、疲労が回復しにくくなったと感じる人
  4. 産後、むくみやすくなったと感じる人
  5. 少しでも早く産前に近い体形に戻したい人

まとめ

産後の骨盤矯正、やるかやらないかはあなた次第です。

やらなくても時間と共にきちんと骨盤は元に戻りますし、体形も戻ってきます。

産後の骨盤矯正をやらなかったから何か問題が起きるということはありませんので安心してください。

また、やる場合も一度ですべての結果が出るのは難しいので継続が大切です。